« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

ホロトロ農園参加者募集

Dscn3919_1当院 西谷院長が代表を務めるホロトロピック・ネットワーク札幌農業部門の活動が 始まり、先日5月26日に畑の植え付け作業を行いました(報告記事)。

続いて6月3日にいよいよ田植えを行います。

前日の6月2日には草取り作業も行います。両日とも人手が必要ですので大勢の皆様のご参加をお待ちしております!

時間や場所などの詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。

|

第25回ホロトロピック・タイム トーク&トーク

●日時 :2007年6月9日(土) 14:00~16:40

●プログラム

■第1部 「潜在的感覚能力を呼び覚ます(2)」 14:00~15:30

講師: Toshi小島さん

 Toshi小島さんは、アボリジニが宇宙との交信のために使っていたといわれるディジュという民族楽器奏者として知られています。また、ディジュリドゥによるミュージックセラピーや個性心理学によるカウンセリングもされています。今回のヒーリングコンサートはオリジナルソングのギタレレ弾き語りとディジュリドゥ、ネイティブアメリカン・フルートなど数種類の楽器を演奏してのヒーリングタイムです。私達の心の底にある潜在的な感覚能力を呼び覚ましてみませんか。

■第2部  「響きの杜クリニックのこの頃」 15:40~16:40

お話: 西谷雅史 院長

 昨年、ホロトロピック医療の実践を目指して開院した響きの杜クリニック、半年間の悪戦苦闘ぶりと現在の状況とホロトロピック構想についてのお話です。

●場所  :当院 2F ひびきホール

詳しくはこちらをご覧ください。

|

オイリュトミー講座のお知らせ

みあれの会、ホロトロピック・ネットワーク共催

『2007 継続的オイリュトミー講座』

オイリュトミーとは?ギリシャ語で「美しい調和の取れたリズム」という意味です。音楽や言葉が目に見えるように・・・天の音楽や言葉とは違う時間の流れの中でひと時の開放感と充足感の中であらたな生命力を生み出しませんか?

これまで札幌では、遠くからオイリュトミストをお呼びし、年に何度かオイリュトミーの講座を持つ機会はありましたが、「さらに継続的にそして地元の方と・・・」という思いから今年春から、太田智華さんとの講座をスタートさせることになりました。今まで経験した事のない方もある方ももう一度、原点から見直す機会にし、基礎から出発したいと思っています。

今回は予定としては、1年の期限で継続を見越しておりますので、できるだけ同じメンバーで続けられることを望んでいます。単発の方もお受けいたしますが、内容として継続である事をご了承ください。せっかくの機会ですからたくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。

【講師】 太田智華 さん

■日時: 【第2回講座】 2007年5月26日(土)  13:30~15:00

■稽古場所: 当院 2F ひびきホール

★★オイリュトミー講座は通年の継続講座で、必ず申し込みが必要です。申し込み方法・コース選択方法などについての詳しい説明がありますので下記の詳細の内容をご覧ください。★★

詳細→ホロトロピック・ネットワーク札幌

|

第24回ホロトロピック・タイム トーク&ワーク

『潜在的感覚能力を呼び覚ます』

◆◆◆第24回ホロトロピックタイムは盛会のうちに終了しました◆◆◆

報告→ホロトロピック・ネットワーク札幌ホームページへ

【講師】 感覚知覚学研究家 細金勝治 さん

私たち人間は外部からの情報を、一般的には互換の感覚器官を使って感知していますが、実際にはもっと多くの情報を知ることが出来る能力を持っています。自然界の生き物もその独特なセンサーで自然のエネルギーを感じ取っているといえます。ダウジングを使うことによって潜在的に持っている感覚能力を呼び覚まして、未知なる事や情報を感じ取ってみましょう。

【日時】 2007年5月19日(土)  14:00~17:40

【場所】 当院 2F ひびきホール

詳細→ホロトロピック・ネットワーク札幌

|

第23回ホロトロピック・タイム ワーク&トーク

みあれの会、ホロトロピック・ネットワーク共催

『ライアによる音の癒し』

◆◆◆第23回ホロトロピックタイムは盛会のうちに終了しました◆◆◆

報告→ホロトロピック・ネットワーク札幌ホームページへ

【講師】 音楽療法士 東福ヴァイラー眞弓 さん

シュタイナー教育や、アントロポゾフィー医学の音楽療法に使われる楽器「ライア」、その音色を体験し、実際の治療例などのお話を交えて、シュタイナー医学における音楽療法についてお話いただきます。

【日時】 2007年5月12日(土)~5月13日(日)

■5月12日(土)

  • <講座I> 14:00~15:30 『シュタイナー医学に基づく音楽療法 I 』
  • <講座II> 16:00~17:30 『シュタイナー医学に基づく音楽療法 II 』

■5月13日(日)

  • <講座III> 10:00~11:30 『現代の子供たちが抱える課題と音楽療法』
  • <講座IV> 13:30~15:00 『現代の大人たちが抱える課題と音楽療法』

詳細→ホロトロピック・ネットワーク札幌

|

アロマセラピー&リフレクソロジー

当院では、アロマセラピスト及びリフレクソロジストの資格を有する看護師によるトリートメントを行っております。ご病気ではないけれど、なんとなく体調が優れない、ストレスを溜め込んでいる、わけも無くイライラする、そんな方も是非ご活用ください。

アロマセラピーとは草花や樹木から採取された精油を利用し、心身の健康をはかる芳香療法のことです。香り豊かな精油は植物の持つ生命エネルギーが凝縮されたようなもので、ローズでは1滴の精油を採取するのに60~200本もバラの花弁が使われています。自然の恵みから生命をいただいたこれらの精油は薬理作用を持ち、自律神経系・内分泌系に働きかけ、体調を整えてくれます。鎮痛鎮静作用・殺菌消毒作用・血行促進作用などがあり、便秘、肩こりにも有効で、リンパの流れを促す働きもあります。お一人、お一人の症状とその日の体調や香りの好みにより、精油をブレンドいたします。なぜるような優しいタッチでのマッサージはリラックス効果抜群です。

リフレクソロジーは英国式でこれも優しいタッチでの施術をいたします。好みにより施術の強さを変えることは可能です。リフレクソロジーは足や手のツボを押して刺激を与えれば、反射投影する体の部分の痛みが消え体調が改善するとされています。効果として、以下のことが期待できるといわれています。

・ ストレスを軽減し心身をリラックスさせる

・ 血液循環をよくする

・ 老廃物の除去を促す

・ 免疫力を高め病気の予防に役立つ

・ その人の持つ「気」「エネルギー」を高める

|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »