« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

バッチ・フラワー・セッション

響きの杜クリニックでは、バッチフラワーを診療に取り入れて2年が経過しました。

20090930121826_00001 エドワード・バッチ博士が病気を治すには心へのアプローチが不可欠であることに気づき、自然の中で常にわれわれを癒してくれる花のエネルギーを使って治療するバッチ・フラワーレメディーができて70年余り立ちますが、その自然で穏やかな効果により世界中で使われています。

響きの杜クリニックではこの2年の間に約450名の方がバッチフラワーレメディーの処方を受け素晴らしい効果を上げています。多くの方が、レメディーの持つ自然で不思議な力を感じて、びっくりされています。月経前緊張症、パニック障害、産後のいらいら、更年期症状、不眠などさまざまなストレスにより心のバランスが崩れてしまった方には、特におすすめします。

<バッチフラワーセッションの受け方>

診察の中で「この方にはバッチフラワーが適している」と院長が判断したときには、院長が20090930121658_00001 バッチフラワーについてご紹介し、了解されたときにはその場で処方します。

初めからバッチフラワーを希望の場合は、バッチフラワーで診察の予約をお願いします。

また、毎週金曜日は、バッチフラワー・プラクティショナーの山内直美さんによる個人セッションも開設しております。時間をかけてゆっくりとお話をお聞きしながらレメディーを調合します。

料金:  初回 5250円(瓶代込)   2回目以降 3150円

|

「ガン統合医療セミナー」 in 札幌

10月11日、「ガン統合医療セミナー」 in 札幌で、院長がビデオ出演します。

20090918223455_00001

|

日本統合医療学会北海道支部会

10月3日に「第11回日本統合医療学会北海道支部会」開催されます。

「代替医療を身近に」と題したシンポジウムで院長が、「響きあう医療の実践と気功・呼吸法」を発表します。

20090909141607_00002_2

|

中国文化の一日

北海道華僑華人連合会 主催 「祝新中国建国60周年・日中友好交流週」が10月3日(土)から11日(日)に、札幌で開催されます。

3日の「中国文化の一日」では、院長が、「すぐ役に立つ中国伝統医療法について」の講座で円山公園でほぼ毎日行なっている気功「五環養生操」を中心に、お話をします。

20090918212416_00001

|

ホメオパシーセミナー

恒例の「日本ホメオパシー振興会セミナー」が、9月23日に札幌で開催されます。

20090918212314_00001

|

断食についての取材がありました。

9月1日午後、HBCラジオ「カーナビラジオ午後一番」で、プチ断食についての取材がありました。番組のスタッフがプチ断食で一時的にかなり痩せたことから、断食を治療に取り入れている響きの杜クリニックが取材を受けたものです。

断食の直接の効用としては、

 坐禅を組んで、自己を静かに見つめる時間がもてる

 胃腸内を一度完全に空にできる

 飢餓状態により身体の代謝経路に刺激を与える

 血管内や貯蔵脂肪を動員することで、有害ミネラルのデトックス効果がある

 体重の減少効果がある

 その結果

 食べ物の本来のおいしさを味わうことができる

 身体に合わないものが食べられなくなる

 飢餓に対する恐怖心がなくなる

 リセットの爽快感を感じることができる

などの副効用があります。

以上から、坐禅断食では心身のリセットとしての働きが大きいため、リセットの爽快感を一度体験すると、その後の食事にたいする自己のコントロールがしやすくなるようです。

一方、プチ断食は、完全な断食ではないので体重減少だけを目的としてしまうと、どうしてもリバウンドしてしまう傾向にあります。

|

10月の坐禅断食会の参加者募集中

第8回響きの杜クリニック断食会の参加者を募集しています。

 断食は人間のもともと持っている自然治癒力を活性化する方法のひとつで、近年、医療の分野でも取り入れられてきています。

響きの杜クリニックの坐禅断食は2泊3日の7食抜きの短期断食です。

坐禅や呼吸法と組み合わせることで両者の相乗的な効果が発揮され、さらに直後の宿便取りを行うことで心身ともにリセットされさまざまな体質改善が期待されます。

対象:   精神修養と健康維持、病気の改善を目的とする18歳以上の女性

日時:   2009年 10月9日(金)   18:00 響きの杜クリニック 2F ひびきホール集合 

10月11日(日)  13:00 解散  2泊3日 7食抜きです)

定員:  15名 (定員になり次第締め切らせていただきます)

  

  指導:  菊池忠道(事務長)が一緒に断食をして指導します。(今回、院長は不在です)

参加費: 25,000円

振込先:北海道銀行鳥居前支店 (普)0955118 響きの杜クリニック 院長  西谷雅史

注意事項:

1.持病の改善を目的とされる方は、事前に響きの杜クリニックを受診してください。

2.インシュリン・ニトログリセリン内服中の方・透析中の方は参加できません。

3.一年以内の健診を受けていない方は、事前に受けることをお勧めします。

4.初日は各自で朝食・昼食を抜いてください。(.水分は自由に摂取できます)

5.温熱療法室「嵐の湯」、音楽療法ベッドを無料でご利用いただけます。

なお、断食の模様は、参加者のブログに詳しく紹介されていますので、ご参考にしてください。

主催:響きの杜クリニック  札幌市中央区南2条西27丁目 

tel 011-632-8331 fax 011-632-8333   e-mail hibiki.no.mori@gmail.com   

  申し込み:「申し込み用紙」をプリントアウトしてファックスするかクリニックに直接電話で申し込んでください。

 

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »