« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

女性特有の心の変化・うつ?についての講演会

ホロトロピック・ネットワーク札幌(代表 西谷雅史)は、医療の枠を超えて、自然治癒力の発揮と意識の成長と進化を目指す組織で、毎月心に響くイベント、「ホロトロピック・タイム」を開催しています。

今回は、薬を使わない心療内科医療を実践されているホロナイクリニックの高塚直裕先生に女性特有の心の変化についてご講演をしていただきます。

Imgy271915540001

|

劉先生の施術を受けて

9月末に、来道された五環養生操の創始者、劉発祥先生のセミナー、施術は大好評でした。

3回の施術で、長年の持病が改善した方からのお礼の手紙をいただきました。

響きの杜クリニック主催の中国気功体験ツアーには関心があり来年は参加してみたいと
考えておりました。今回9月末に響きの杜クリニックに、先生方のお一人で、五環養生操
創始者でもある劉発祥先生が中国からいらっしゃると知り、施術をお願いしました。希望
者多数の中、病状を考慮のうえ3回施術を受ける機会を与えていただきました。
  私は化学物質、電磁波過敏症でCT、MRIなどの検査が難しいため手術及び治療法が極
端に限られています。治療の目的を絞ったほうが良いとのことでしたので、鼻と気管支喘
息の施術をお願いしました。第1日目の施術の際、劉先生はこの症状で3回は少なすぎる
とおっしゃいました。治りたいの一身で施術を受けていましたが、胸骨の辺りを軽く触れ
られるだけであまりの痛さに涙がとめどなく流れ、鳴咽していました。劉先生はこんなに
痛くては膻中の経絡が詰まっていて気が流れないとおっしゃり、施術後、西谷先生に頼ん
で胸骨に注射を打ってくれました。これが2回目の施術です。最終日の治療の際、膻中に
劉先生の“気”が入るのがわかりました。そして25年間の激しい咳による胸の痛みは消え
ていました。今ではほとんど咳がでません。最後に劉先生は胸骨を指で押して「痛い?」
と、日本語でたずねました。「いいえ」と、答えると「よかった」と笑顔で言われまし
た。私のやっと覚えた中国語でのお礼の一言は涙声でした。3回を通して自覚症状が一番
重かった鼻への施術はほんのわずかだったような気がしました。しかしポリップ(鼻茸)
が蔓延していて全く呼吸ができなかった左の鼻と、かすかに息ができていた右の鼻からち
ゃんと息ができました。それまで鼻呼吸ができなかったため、体を左側下にして枕に顔を
うずめるようにして寝ていました。覚えていないほど何年間もこの姿勢で寝ていたため、
ちゃんと鼻呼吸ができても仰向けで寝るのに慣れず何週間もかかりました。
  こうしてペンを執っていても感謝の気持ちで胸が熱くなります。今は劉先生のアドバイ
ス通り五環養生操をしており、両親や友達にも広がっています。
  私は西谷雅史先生の「治る」との言葉を信じ、心から楽しみにして施術を受けさせてい
ただきました。
  劉発祥先生、このような機会を作ってくださった西谷雅史先生、響きの杜クリニックに
関わる全ての方々に日々感謝しております。

 ( 2010年11月11日    S.H 記 )

|

五環養生操 がんばっています。

今年も残すところ1ヶ月余りとなり、体感温度はかなり低くなって来ましたが、円山公園での”五環養生操”は有志の皆さんで現在も実施されています。

平成21年5月より毎朝行われている中国気功”五環養生操”の周辺事情はと言いますと、最近の円山公園では木々の葉が結構落ちてしまいましたが、絨毯のような色とりどりの落ち葉が私達の目を楽しませてくれています。気場の良い開放感のある自然の中で季節の移り変わりを五感で直に感じながらの気功は、気血の巡りが活発になりとても気持ちよいものです。

P1010866

 響きの杜クリニックでは、この”五環養生操”を取り入れた健康づくりを応援しています。札幌市中央区の東地区連合町内会では、女性部を中心とした活動が熱心に行われておりますが、その活動のお手伝いになればと今年の春から月1回、札幌市民ギャラリー内の東地区会館にて西谷院長が”五環養生操”を出張指導しています。毎回、老若男女40名程の方々が和気あいあいと心地良い気功を楽しんでいます。この写真は、去る10月14日(木)に札幌市教育文化会館にて開催されました「中央区みんなの後援会 男女共同参画社会の実現」(主催 中央区連合町内会女性部連絡会議)にて、東地区連合町内会女性部の活動報告として紹介されたパネルからのものです。

Imgy192125090001

この活動はこれからも継続され、”五環養生操”の普及と皆さんの健康と長寿に繋がる事でしょう。

|

第5回響きの杜メディカルアロマテラピー研究会のご案内

 響きの杜メディカルアロマテラピー研究会は、アロマテラピーの医療現場での普及を願う医療従事者とアロマセラピストが意見を交換しながら一緒に学び合う今までにない    タイプの研究会です。

前回まで、セラピストが医療者に聞きたいこと、医療者がセラピストに聞きたいことを話題にしてきました。

今回は、精油の基礎知識についての確認と、医療機関で働いた経験のあるセラピストによる核心に迫る問題提起があります。是非、ご参加の上、活発な意見交換を行いませんか?


第5回 響きの杜メディカルアロマテラピー研究会


   第一部 「精油の基礎知識」                      野村 真紀子       
        
         「メディカルアロマ精油データベースの作成」       西谷 雅史

   第二部 「医療機関の中でのアロマセラピー ~セラピストとして感じること~」

        医療現場におけるアロマセラピーの問題点、

                  ○ どうして広がらないのか          飯島 浩子

                  ○ どうしたら広がるのか           望月 一江

  参加資格 : 医療従事者・アロマセラピスト (初めての方も歓迎です。)
   
 日時 : 11月27日(土)16:00~18:30   参加費 : 1000円
 
 場所 : 響きの杜クリニック ひびきホール  札幌市中央区南2条西27丁目1-9  

  (マルヤマクラスから、桜並木通りを南に4軒目 )  

        

申し込み: 011-616-3228(響きの杜クリニック)

       または hibikinomori.aroma@gmail.com  まで

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »