« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

「ヒンドゥ数秘術」セミナー

ホロトロピック・ネットワーク札幌(代表 西谷雅史)は、医療の枠を超えて、自然治癒力の発揮と意識の成長と進化を目指す組織で、毎月心に響くイベント、「ホロトロピック・タイム」を開催しています。

今回は、ヒンドゥ数秘術セミナー(講師  白木孝義さん)を開催いたします。

Img1132050040001

|

中国気功セミナー「自分の病気は自分で治す」シリーズ開催のご案内

このたび響きの杜日中医療気功センターでは、中国気功セミナー「自分の病気は自分で治す」シリーズを不定期で開催します。講師は、おなじみの李東師です。

このシリーズでは、まず中国で一番広く行われている中国養生益智功と泰山功を教えます 。中華養生益智功では蛹动贯气法、颤动功などを習得し、陰陽の平衡、減肥(ダイエット)、腹式呼吸、発気法、経絡疎通法を習います。泰山功では、陰陽マークの上で身体を動かすことで、自然と身体に気が流れ、全身の調整が可能となる方法を習います。

さらに時間があれば、6種類の動作だけで、イメージしなくても体を自動的に調整出来る方法や、オーラを観る方法、気功治療の方法を教えていただきます。

中国の本格的な気功を知りたい方、気功を使って自然治癒力を発揮させたり自分の病気を治したい方、また気功で他の人の病気を治したい方は是非ご参加ください。

①1月15日(日)    15:00~18:00

          初めの1時間は西谷院長から中国気功治療やツアーの紹介をします。   
 

②1月16日(月)    19:00~21:00

③1月17日(火)    19:00~21:00

講師: 李 師 

参加費: ① 4000円 ② 3000円 ③ 3000円

申し込み: 響きの杜日中医療気功センター

         hibikinomori.kikou@gmail.com 

 

         tel 011-616-3228 fax 011-632-8333

李氏プロフィール 42歳、中国医学気功研究会終身会員、中華養生益智功特異治療師、泰山功の1級講師、超常能量治療師、信霊語の伝授師、30年での何十種類の気功を修業して、他人の潜在能力の開発力を持つ               

|

響きの杜日中医療気功センター開設のお知らせ

響きの杜クリニックでは、今まで難病に対して気功療法、漢方療法、食事療法などを用いた取り組みを行ってきました。また中国から有力な中医師や気功師を招聘し気功療法を実践し好評を得ています。一方、2009年より3回の中国医療気功体験ツアーと4回の中国の気功師による気功セミナーを開催してきました。

中国医療気功体験ツアーでは本格的な気功治療を体験でき、また気功セミナーでは自己治癒力を発揮させる気功法を学習できました。このようにクリニックの中での医療気功は大きく広がりつつあります。

そこで響きの杜クリニックでは、病気に悩む方が気功治療や中国気功をより身近に体験できるように響きの杜日中医療気功センターを開設し、さまざまな病気に対して気功療法、漢方療法、食事療法などを駆使して病気の改善を目指します。また、中国から先生を招いての気功セミナー、中国気功体験ツアーの開催、中医勉強会、気功教室、医療気功師養成などを行います。

お問い合わせは、hibikinomori.kikou@gmail.com までお願いします。

Dsc03458

Dsc03398_2

Dsc03398

|

「超潜在意識言語(信霊語)マスター講座」補講のご案内

昨年暮れの超潜在意識言語(信霊語)マスター講座は、36名のご参加をいただきありがとうございました。信霊語とは心を無にして自分を解放すると超潜在意識とつながり、自然と湧き出してくる言葉にならない言葉のことです。5回のセミナーでほとんどの方が目的を達成できたようです。

今回、この信霊語をより確実にマスターするための補講を開催します。

セミナー参加者で、信霊語をマスター出来なかった方やまだ自信がない方は是非ご参加下さい。マスターされた方も、継続をすることが大事です。

①1月9日(月・祝)  15:00~17:00

②1月11日(水)    19:00~21:00

③1月14日(土)    15:00~17:00

講師: 李 東 師

参加費: 各回 3000円

申し込み: 響きの杜クリニック 日中医療気功センター

         hibikinomori.kikou@gmail.com 

 

         tel 011-616-8331 fax 011-632-8333

P1020998

P1020993

 

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »