« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

第9回 まるやまミュージックソン

今年もまた、円山が音楽に染まる・・・

恒例のまるやまミュージックソンも第9回になりました。

響きの杜クリニック他、円山周辺の12会場から、元気な音、楽しい音が届きます。

「まるやまミュージックソン」とは一人でも多くの音楽ファンに生のライブを体験していただき、音楽の楽しさを味わって欲しいというイベントです。

出場者は、プロ、アマ、上手、下手を問わず、ジャンルはロック、ジャズ、フォーク、クラシックから邦楽…、オリジナル曲からコピー曲までなんでもあります。

共通するのは、音楽を参加者と一緒に楽しみたいという熱い思いだけです。

6月22日(日) 14:00から開催です。  参加費無料!

響きの杜クリニックスタッフによるユニット「ひびねこ」は、セミプロ級のクラシックピアニスト、ジャズピアニストろヴォーカルをそろえ、響きの杜クリニックで20:00から開演です。

院長は、今回はAKIRAさんの「ウレシパモシリ」に挑戦です。果たして声がでるかお楽しみに。 

プログラムはこちら

201406211952080001

続きを読む "第9回 まるやまミュージックソン"

|

『ザ・リヴィング・マトリックス』上映会

NPO法人日本ホリスティック医学協会 北日本支部(北海道事務局長西谷雅史)では、昨年に続き日本ホリスティック医学協会副会長 降矢 英成先生をお呼びして『ザ・リヴィング・マトリックス』の上映会と講演会を開催致します。最近はゼロ・ポイント・フィールドを活用する情報医療が活用されるよになっています。是非、お見逃しなく。

申し込みは、こちらのファイルをダウンロードしてお使い下さい。

201406110804360001

 

|

ほんものを見極める直感力養成講座(Ⅶ)

響きの杜クリニック院長 西谷雅史は、医療の枠を越えた
自然治癒力の発揮と意識の成長と進化を目指しています。

それを実現するにはそれぞれが自分に必要な気づきを得ることが大切と考え、
ホロトロピック・ネットワーク札幌を立ち上げました。

その自分に必要な気づきを見つけるサポートができるように、
定期的に心にひびくイベント、「ホロトロピック・タイム」を開催しています。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

今回はほんものを見極めるための直感力をみがくセミナーです。
講師はおなじみのダウジングの細金勝治先生です。
毎回参加者から、またお話を聞きたいというお声をいただき、今回で7回目となりました。

今回はダウジングテクニックをおしえてもらいながら、
携帯電話を波動治療器に変える方法
じぶんや家族を元気にする情報水の作り方をおしえていただきます。

◆ダウジングってなに?

ダウジングは自分の知りたいことを知るためのテクニックです。
自分の問いかけに対する答えをペンディラム(振り子)の動きで読み取ります。
自分の常識ではわからないことをダウジングで確かめることができます。

◆直感力って?

直感力はもともと私たちが持っている感覚・感知能力のことです。
考えて判断するのではなくて、感覚で判断します。
みがかれてくると自分が何を選択すればいいのか感覚でわかるようになってきます。

◆ダウジングはどんなときに使えるの?
たとえば…

・じぶんの癒しの場所をさがす
・じぶんにいいたべものをさがす
・真実かどうか調べる
・じぶんの不調の原因をさぐる
・さがしものを見つける

などなど…
ダウジングは使い方次第でいろんなことに応用できます。

※このセミナーではペンデュラム(振り子)でダウジングを行います。
 振り子をお持ちの方はお持ちください。(持っていない方は簡易振り子をお貸しします)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

日時:2014年 6月29日(日) 

 初級・中級編  10:00~12:00  
       自然と直感のしくみ   ① 携帯電話を波動治療器にする 

 上級編      14:00~16:00  
   直感力を高める究極の方法  ②自分や家族を元気にする情報水の作り方

参加費:一般 5,000円 
     2回通し参加 一般 9,000円

場所:響きの杜クリニック 2F ホール
    札幌市中央区南2条西27丁目1-9
    地下鉄東西線 円山公園駅6番出口直結マルヤマクラスより徒歩1分

申し込み:申し込みはこちらよりお申込みください。
     クリニック2階受付、電話やメールでもお申込みいただけます。

お問い合わせ:  011-616-3228 (安斉)E-mail:letter.holotrosap@gmail.com

111

 

 

|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »